生活に役立つちょっとした豆知識や話題のネタをお届け

menu

知恵の小袋

ひな祭りの折り紙【立体・簡単&リアル風】屏風(びょうぶ)の作り方とアレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hm079

ひな人形の後ろに飾ると、ぐっと雰囲気がアップする屏風。

今回は、折り紙で作る簡単な屏風&
ひと工夫でリアルっぽく作る、3種類のアレンジをレポートします。

Sponsored Link

簡単にできる「屏風(びょうぶ)」の折り方、2種類

使う紙のサイズは、ひな人形に合わせます。
ひな人形を折った折り紙の「倍サイズの長方形」を使うと良いと思います。

hm018

 

例えば、わたしが作った「ひな人形」は7.5cm×7.5cmのサイズ。
屏風に使う紙は、15cmの折り紙を半分に切って使いました。

※15cm×15cmの折り紙で「ひな人形」を作った場合は、
同じ15cmの紙を2枚横につなげて長方形にすると良いでしょう。

その1、これが一番簡単で飾りやすい形

まずは、半分に一回折ります。

hm019

 

続けて、また(同じ方向に)半分に折ります。

hm020

 

これで合計二回折りました。
広げると、このような線が付いています。

hm026

 

この線に合わせて、M字型にたたみ直すと…

hm027

 

出来上がり!

hm000

その2

先程の折り方の応用編です。
その1と同じ様に、今度は合計三回折っていきます。

hm019

hm020

hm021

 

そして、広げるとこんな感じに。

hm022

 

これを「その1」みたいに折り直して、アコーディオン状にしたら完成!

hm023

 

この形は華やかですが、
柔らかい紙で作るとバランスを取り難いかも。

hm060

 

後半では、この簡単屏風の作り方を元に、
リアル風にアレンジする作り方「その3」をレポートします。

 

Sponsored Link

その3、ひと工夫して作る「屏風(びょうぶ)」の折り方

黒色などの枠を付けるだけでリアル風になります。

hm086

 

枠を黒く塗ったり、カラーテープで枠の様に貼る方法もありますが、
今回は折り紙2色を使って仕上げてみたいと思います。

使う紙のサイズは、その1と同じ。
黒と金、2色の長方形を使って作ります。

hm080

 

内側にしたい紙(金色)を小さくする必要があります。
ハサミで切っても良いのですが、四方の端を裏側に少しずつ折ると簡単。

hm081

 

折ったところに両面テープを貼ったら(のりでもOK)、
枠にしたい(黒の)紙に貼り付けます。

hm082

hm083

 

後は、「その1」や「その2」の様に折れば完成します!

hm084

hm086

 

自作ひな人形や菓子箱などの後ろに金屏風を飾れば、ゴージャスですね♪
関連ページ:菓子箱や菱餅を折り紙で作る

hm078

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


長島スパーランドの割引チケットと
金券ショップその他、格安入手方法!



口呼吸、3つの簡単な治し方
「あいうべ体操」ってなに?