生活に役立つちょっとした豆知識や話題のネタをお届け

menu

知恵の小袋

おりがみ【平面&立体】ミニひまわり(花びら12枚タイプ)の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イメージ

シンプルだけど、ちょっと難しいのが楽しい、そんな『ひまわり』の折り方を考えました。(平面飾りにも、立体飾りにも使えるアレンジ付き。)

子供向けのポピュラーな折り紙本に載っている「花びら8枚タイプ」よりも、花びらを多く折りたいな!という思いから、「花びら12枚タイプ」が出来上がりました。まずは材料の紹介・・・

Sponsored Link

必要な材料、道具

以下で紹介しているサイズの折り紙で作ると、直径約10.5cmサイズの花が作れます。

  1. 折り紙
  2. のりなどの接着剤
  3. 折り紙をカットする時に使うカッターなど

花に使う折り紙は、半びらの黄色とタネパーツの茶色+黒色。

花の材料

  • 7.5cmの黄色…6枚
  • 7.5cmの茶色…1枚
  • 3.75cmの黒色…1枚

葉っぱを付ける場合は、15cm折り紙を半分に切ったものを使います。

材料

  • 15cm×7.5cmの緑色…1枚

立体アレンジする場合は、15cm折り紙を半分に切ったものと、さらに半分に切ったものを使います。

材料

  • 15cm×7.5cmの緑色…1枚
  • 7.5cmの緑色…1枚

ミニひまわり(花びら12枚タイプ)の作り方(動画)

動画を作りました。「花の折り方、タネパーツの折り方、葉の折り方、立体アレンジ」を紹介しています。

※動画に表示されている白文字タイトルをクリックすると、大きな画面(You Tube)で視聴出来ます。

続いて、折り方フォロー&アドバイス!

アドバイス1 花びらパーツの折り方

↓12枚の花びらは、6枚の折り紙(で作ったパーツ)を組み合わせて作ります。

見本

↓パーツ1個につき、花びら2枚。

花びらパーツ

↓花びらパーツの形に折るために、中心から伸びる放射状の折り目を何本か足します。

放射状のライン

中心を通る「十字線」と「×字線」以外に6本付け足しますが、45度の「3分の1」の幅で折ってください。

3分の1

動画では、(余分な折り線を付けずに)必要な折り線だけ付けています。

アドバイス2 花びらパーツの組み方

6個のパーツは、のり(接着剤)を使わず組むことが出来ます。

組む

全部つなげるまでは不安定なので、左手でしっかり固定しながら組んでいきます。

裏面

うら側から見てもキレイに収まるように考えました。

後半に続きます!

Sponsored Link

アドバイス3 タネパーツの折り方

花の中心を飾る「タネパーツ」には、タネっぽい柄をイメージした水玉柄を使いました。(100均で購入した15cmサイズを4等分にカット)

まずは四角に

四角に折った後、少しずつ角を折って丸みを付けます。

裏面

タネパーツの中に入れる黒四角は、のりで貼らなくても収納できるように考えました。

合体

「花びらを組んだパーツ」と「タネパーツ」は、のりでくっ付けてください。ど真ん中に貼るには、(動画では指で示しましたが)「タネパーツの切れ目線」と「花の中心を通る十字線」を合わせます。

アドバイス4 葉パーツの折り方

↓葉脈は5ラインぐらい折ります。

5ライン

↓動画では「ど真ん中で均等に」折りましたが、左右の大きさを変えたり、真ん中にすきまを開けて折ってもOKです。

すきま

↓「花パーツ」と「葉パーツ」は、のりでくっ付けてください。

花と葉っぱ

↓平面に飾ったイメージ画像。

平面に飾る

アドバイス5 立体アレンジ

花束には向いていませんが、「すくっと立って生えるミニひまわり」をイメージした立体アレンジを動画で紹介しています。

立体に飾る

↓葉パーツを追加して付けると、こんなアレンジも可能。

アレンジ

今回は手軽なミニサイズのひまわりとして作りましたが、もっと大きな紙で作れば大きなサイズのひまわりが作れます。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


長島スパーランドの割引チケットと
金券ショップその他、格安入手方法!



口呼吸、3つの簡単な治し方
「あいうべ体操」ってなに?