生活に役立つちょっとした豆知識や話題のネタをお届け

menu

知恵の小袋

おりがみ【立体】こんもりと咲くアジサイ(紫陽花)の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手作りアジサイ

こんにちは!お久しぶりです。今回は、こんもりと咲くドーム型の「アジサイ」を考えました。試作品が改良出来たので、忘れない内に作り方をまとめますね。

折り紙で折った葉っぱ(1個)と、花のパーツ(16個ぐらい)をのりで貼って組み立てて仕上げます。まずは、材料の紹介・・・

Sponsored Link

必要な材料、道具

  1. 折り紙(15cm×1枚、7.5cm×4枚)
  2. 接着剤
  3. 折り紙を4等分する時に使うカッターなど

材料

初夏のアジサイをイメージしたので、黄味がかったオリーブ色の折り紙を使って葉を作りました。花には、グラデーション模様の折り紙を使用。

こんもり立体アジサイの作り方(動画)

動画を作りましたが、うっかり曲を入れ忘れて寂しい感じになってしまいゴメンナサイ~。「葉の折り方、花の折り方、組み立て方」の順番で紹介しています。

※動画に表示されている白文字タイトルをクリックすると、大きな画面(You Tube)で視聴出来ます。

動画では、「葉っぱ2枚バージョン×紫の花」を作成。葉っぱは、少しだけ折り方を変えると3枚バージョンや4枚バージョンも作れます。

続いて、折り方フォロー&アドバイス!

アドバイス1 葉パーツの折り方

↓葉っぱ「2枚バージョン」の完成画像。

葉っぱ完成

↓このドーム型を作るため、目安線を折っておきます。

このラインで

目安線

↓この角そばに付けるラインも目安線になります。ここは、後のために爪先でこすってシッカリと折り跡を付けます。

折り方

拡大

↓いったん開いてギザギザ葉脈線を付けた後、先程の目安線を使って形成します。ギザギザの影響で折りにくいので、爪先でこすりながら目安線を復活させます。

こすりながら

↓こちらは「ドーム型に固定」させる作業です。左手の指でつまんで折り目が開かないように押さえながら、

押さえながら

↓端と、飛び出た部分を内側に折り込みます。

うら側の折り目

↓4ヶ所シッカリ折り込むと、かっちりと固定できます。

裏側

↓葉っぱも花パーツと同様に、角ばった部分を丸くなるように折って仕上げます。

丸く形成

アドバイス2 葉っぱの枚数が違うバージョン

ちょっとした折り方の違いで、葉っぱ「2枚、3枚、4枚」にアレンジ出来ます。(1枚バージョンも可能ですが今回は作っていませ~ん)

↓さてこちらはベースとなる「2枚バージョン」(動画で紹介した折り方)。2つの角を内側の白が見えるように折ります。

2枚

↓ちょっぴり違う雰囲気の「3枚バージョン」は、3つの角を内側の白が見えるように。

3枚

↓底が安定する「4枚バージョン」は、4つの角を内側の白が見えるように。

4枚

この後の折り方は、動画の「2枚バージョン」と同様です。葉数が増えると葉脈ギザギザ処理が大変ですが、2枚バージョンとは一味違うアジサイが作れますよ♪

後半は、花パーツの折り方フォロー&アドバイス!

Sponsored Link

アドバイス3 花パーツの折り方

続いては、アジサイの主役となる花パーツについて。7.5cm折り紙を4等分して使用。大人の手ではちょっと小さめですが、コツコツと16個ぐらいの数量を折り続けます。

4等分

↓花パーツの完成画像。グラデーションのある折り紙を使うと、可愛く華やかな仕上がりになりますよ♪

花が完成

↓最初は、こんなにカクカクっと四角!

四角い

↓花びらに丸みが出るように何回か折って、可愛らしい形に仕上げます。

うら側

↓この時、「上下」「左右」で折る具合が異なるので、「上から折る」「下から折る」と折り方を変えると作業しやすいですよ。

上から その1

上から その2

↓この場合は、親指を使って「下から折る」と折りやすい。

下から その1

下から その2

↓花の中心の凸型を作る時は、小さく△に折った方が一般的なアジサイっぽくなります。

ちょこっと

花をたくさん作ります

4枚の花びらの形やサイズは、ちょっと不揃いの方が自然かもしれませんね!

アドバイス4 花の数とボリューム

今回は花を16個作って組み立てましたが、もっと花を小さめに作って20個ぐらいぎっしりと貼り付けてもイイかも!

↓ちなみに比較。手前と奥の紫色は「花数16枚」、ピンク色は「花数18枚」。

出来上がり!

↓葉っぱ4枚バージョンのこちらは、ピンク色「花数13枚」、紫色「花数14枚」を使いました。

完成画像

アドバイス5 組み立て方

最後に、出来上がった「花パーツ」を「葉パーツ」にくっつけます。動画では(家にあった)木工用ボンドを使いましたが、透明ノリでも両面テープでも何でもOKです。

↓ドーム状パーツの角は、たっぷりノリ付け。

のりづけ

花は、お好きな所から貼ってください。

↓動画では、「周辺をぐるりと一列配置→その上部を埋めていく」手順で紹介しています。

ぐるり

花付け

↓花を重ねて立体感を出しました。折り紙のグラデーション、影、空間がボリュームを出してくれます。

花のアップ

片面折り紙の場合は、裏面が白色、しかも折り目があるので、なるべく隠して貼り合わせてくださいね!

手作りアジサイ

いくつか作る場合、花の色は単色でまとめても素敵ですが、今回のイメージ撮影ではブルー黄緑を混ぜて華やかな雰囲気に仕上げました!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


長島スパーランドの割引チケットと
金券ショップその他、格安入手方法!



健康は食べ物から!


口呼吸、3つの簡単な治し方
「あいうべ体操」ってなに?