生活に役立つちょっとした豆知識や話題のネタをお届け

menu

知恵の小袋

【簡単】折り紙で「正方形の箱」を作る方法、色々なサイズで折ってみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ori204

材料は、折り紙1枚だけでOK。
裏も表もカラフルで、割と丈夫な正方形の入れ物が出来ちゃいます。

画像をたっぷり使って、折り方を説明していきますね。

小物入れとして収納に使う他にも、
ギフトBOXとしてラッピングに活用できますよ!

Sponsored Link


作り方

ori186

 

 

※以下の説明では、7.5cm×7.5cmの折り紙を使用

まずは、色が付いた面を外にして縦半分・横半分に折り、
十字型に折り目を付けます。

ori172

その十字の中心点に角を合わせて、4つの角を折っていきます。

ori173

 

4つの角が中心に集まって、×型のラインが出来ました。

今度は、その×型の中心点を利用します。
(慣れない内は、下画像の様なゆるい目安線を付けて置くと便利)

ori175

 

×型の中心点を利用して、上下左右を(並行に)折っていきます。

ori174

 

※今折っている部分が箱のサイドになるので、
平行に同じ幅で折ると仕上がりがきれいになるのです。

ori176

ori177

 

次は、折った部分を次の様に左右に開いて、

ori178

ori179

 

折り目を使って上下を折り、細い形にします。

ori180

 

この形のまま、真ん中をゆっくり開くと自然と箱型になってくるので
片方の端を直角に持ち上げ…

ori180

 

そのまま(持ち上げた端を)内側に折り込んで、ギュッと押し込みます。

ori181

 

しっかり押し込むと固定しますよ。
では、反対側も同じ様に。

ori183

完成!

裏白の紙面が隠れるので、きれいですよね♪
サイズは小さい方が丈夫です。

ori184

 

後半では、3種類の出来上がりサイズをメモしています。
「7.5cm折り紙」「15cm折り紙」「A4紙から切り出した正方形(大きめ)」
最後にワンポイントアドバイスも。

Sponsored Link

出来上がりサイズについて

折り紙で作った箱の出来上がりサイズは、どれぐらい?
3種類の大きさで作った物を測ってみました。

※一般的に15cmが普通サイズ、7.5cmは千羽鶴用とパッケージに書いてある小さめサイズです。

7.5×7.5(cm)=約2.2×2.2×高さ1.3(cm)

ori186

15×15(cm)=約5.3×5.3×高さ2.1(cm)

ori187

A4サイズから切り出した正方形 =約7.5×7.5×高さ3.7(cm)

15cm折り紙の箱とA4サイズ箱の違いは、こんなぐらい。

ori188

 

A4サイズから切り出すと、折り紙よりも大きく作れます。

ori201

ori200

余談:ワンポイントアドバイス

作り始めに(長方形に折る)十字の折り目を付けましたが、
(三角に折る)×型で折り始めても同じ様に作れます。

ori202

 

私が十字をお勧めする理由は、後の手順が折りやすくなるからです。
ちょっとした違いですが、立体にする時に差が出ます。

×型で折り始めると、下画像の様に
「(丸印の所に)折り目が無い」ので立体にし難くなるのです。

ori203

 

(矢印の箇所を手で折っておくと、後の作業が楽になります)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • origamist A
    • 2016年 6月 28日

    おりがみの基本を認識していないくせに知ったかぶるな。7.5cmが折り鶴用と決まっている訳ではない。千羽鶴と勘違いしてるのでは?鶴と折り鶴と千羽鶴 の違いを正しく把握してほしい。

      • 管理人さん
      • 2016年 6月 28日

      コメントとご指摘ありがとうございます。
      失礼致しました、千羽鶴と勘違いして記載しておりました。本文を訂正させて頂きました。

    • 匿名
    • 2017年 7月 20日

    何とかかんとかさんがどのくらい折り紙について詳しいのかは分からないけど、大した人物で無い事だけは分かる。


長島スパーランドの割引チケットと
金券ショップその他、格安入手方法!



健康は食べ物から!


口呼吸、3つの簡単な治し方
「あいうべ体操」ってなに?