生活に役立つちょっとした豆知識や話題のネタをお届け

menu

知恵の小袋

2014愛知県で潮干狩り♪蒲郡竹島で大きな貝を獲って来た体験記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
haru163

2014年、4/16(水)大潮に行ってきました!
愛知県の蒲郡市竹島海岸にて、人生初の潮干狩り体験です!!

※追記:2015年も同じ場所へ。
4/20(月)大潮、5/16(土)大潮前日と2回行きました。
2015蒲郡竹島で潮干狩り、雨の日と曇りの日体験談
蒲郡竹島周辺レジャー、竹島水族館に行きました♪

たまたま学校行事でも行ったことがなかったので、
家族にレクチャーして貰いながらの初チャレンジでしたが
ザクザクと大きなアサリが獲れて、潮干狩りが大好きになりました。
もちろん食べる方も好きです♪

大きな貝が獲れたので、
今回気が付いた3つのポイントと
当日の服装や便利だと思った道具情報、トイレ・駐車場事情など
をまとめてみたいと思います!

Sponsored Link

服装と道具

4/16は、薄曇りで太陽も弱く快適でした。
UV対策は帽子とストール、そして長袖です。

微風でも肌寒かったので、風を遮るウィンドブレーカーが必要だったなぁ。
しかもペタンコサンダル履きの足元が海水に浸かるので、冷えました。

それから予想通り、
座り込んで作業する時に海水でお尻が少し濡れたので、
着替え用の服を持って行って正解でした。
※潮の引きが大きい時は、小さい折り畳みの椅子があると便利な様です。

潮干狩りに必要な道具は、経験のある家族が揃えてくれました。
近くの小店でも売ってたので、うっかり忘れても大丈夫。

便利な道具は色々ありますが、
軍手や厚手ビニール手袋を装着すれば手で掘れました。
※フォークみたいなカマは借りれないので持参が必要。

バケツはGETしたアサリの一時保管用と運搬用、海水汲み用に重宝します。
(アサリは帰る時までに、指定の袋に詰める必要がありました)

掘ると海水が染み出て水たまりになるので、
とりあえず、その海水で砂を洗ってから貝をバケツに放り込みましたが、
大きな網袋に入れて水位のあるところで一気に洗うと便利でした。

潮干狩り終了後には、バケツで海水を汲んで貝をバッチリ浸して
長時間耐えられるようにしたいので、クーラーバッグを用意しました。

大きな貝を獲るポイントその1、「大潮」

蒲郡には数ヶ所の潮干狩り場がありますが、今回行ったのは竹島海岸です。
今年は、ここ以外は貝の育ちが良くなかったのか
蒲郡市観光協会の潮干狩りカレンダーには注意書きがしてありましたねぇ。
参考:蒲郡市観光協会の潮干狩りカレンダーが用意してあるページ

さて、この潮干狩りカレンダーでは分からないですが、
私たちが潮干狩りに行った日が
「大潮」だったという所が一つ目のポイントです!

※追記:大潮前日も大潮の様に潮が引いて、足元快適でしたよ。

参考:海保の潮干狩りカレンダー(伊勢湾・三河湾)

※ほほう、潮の引かない日は潮干狩り場はお休みなんですね。(by.初心者)
参考:蒲郡の潮干狩りカレンダー

月や太陽の引力の影響で「潮の満ち引き」の具合が変わるので、
「大潮=めちゃ海水が引く日」を狙って行く訳です。

普段海に浸かっている海底がより広く現れる大潮はチャンス!
海が苦手な私でも、海水が引いた遠くの地点まで貝を掘りに行けるからです♪

画像で例をあげると、
↓このどこから見ても「海!」な橋の周辺が大変化したので
そりゃもうビックリ!

haru191

(画像は2015年5月、曇りの日に撮影したものです)

初体験だけに感動的!
ウソみたいに海水が引いて、
背の高さ以上の水位があるはずの所を砂浜みたいにサクサク歩けました。

↓参考画像。


掘ると海水が染み出してくる、しっとりとした水溜りのある砂浜です。
海水がごっそり引いていたので
海水に浸かるのが苦手なヘタレな私でも、遠くまで楽々歩いて行けました。
しかも、画像の様に座り込んで掘れるのも気に入りました。

水位があると掘り難いし探し難い、歩き難いし転びやすい…
おっちょこちょいの私には危険です。

それに砂地状だと「貝が潮を吹く穴と、貝が吹いて飛ぶ水」が目視できるので
初心者の私でも「どこを掘ったら貝が獲れるのか」一目瞭然です♪

穴の開いた砂地を深さ5cmほど掘って、手で探ると大小様々な貝がヒットします。
どうやら、やたら深く掘っても無駄なようですね。

ちなみに昨年家族が行った時は
大潮以外のGWだったらしく、ひざ下の水位があったそうですよ。
中腰で濁る海中を探ったとか…長時間はキツそうですね~。
有効時間は2時間くらいはありますからね!

それから、日によって潮が引く時間が変わるので
必ず下調べしてから!ですね。
海に疎い私は、時間が変わるとか&潮が引かない休業日があるとか
ちっとも知りませんでした。
潮干狩りにハマッた私は来年も、楽な大潮を狙わなきゃ♪

まだまだ続きます!(*^O^*)
続いては、「大きな貝を獲るポイントその2~3」
本文最後には、トイレ&駐車場事情を…

Sponsored Link

大きな貝を獲るポイントその2、「早めの日程」

単純明瞭ですが、家族の話ではGWには来場数が急増で人も芋洗い状態、
貝もどんどん獲られて無くなっていくので、
潮干狩りOPEN後(2014年は4月中旬)早めに来れると良いみたいです。

貝の総数が減ってくるので
GWは小さな貝でさえも獲れにくくなり、探すのに時間が掛ったらしい…
対して、私たちの行った4/16はゴロゴロ獲れ過ぎですから。

※追記:2015年はGW明けの5/16にいきましたが、それなりに豊作でした。
4月中旬と比べると超大粒貝が少なめの印象。

大きな貝を獲るポイントその3、「掘る場所」

経験者である家族のアドバイスと
実際に掘った感じでは、海岸や橋に近い所より遠くの方が大きい貝が獲れました。
近い所は獲りやすいから、かもしれません。

最初は、橋の長さの中間地点まで行って掘っていたのですが
それでも貝の大きさは小型~中型で厚さも薄く、貝殻も白くて華奢でした。
大きめで3cmくらいだったかな。※初心者のくせに、最初から大物狙いの私。

そこで、もっと橋から離れた場所に移動してみました。
イメージ図はこちら↓※大雑把な記憶です、ご了承ください。
haru165

同じく海水は引いて砂地ですが、
このあたりは子供もいなくてベテラン?っぽい単独行動の人たちが
掘り掘りしているゾーンです。大潮だからこそ行ける遠い地点なのかも?

怖がりだから海は怖いけど、管理されている有料潮干狩りなので
安心して遠くまで進行してみました。

そしたら!!肉厚でサイズの大きな貝がゴロゴロと!!
サイズは4cmくらい、厚みも小さめ貝の倍はありそうです。

石の様に黒くて育ちのいいアサリに、すっかり上機嫌の私は
「アサリハンター」の気分になって掘り掘り掘り掘り…
中型の貝は海に戻して、大きい貝だけGETです♪

※追記:2015年体験メモ。岸から遠ければ良いと言う訳でもなく、
集中して生息しているポイントがある様なので移動しながら勘で探りました。

入場チケットと引換の「既定の袋満杯で1,000円」というスタイルなので、
帰り際は管理者団体に確認してもらってから退場するのですが、
「大きいの獲れたねぇ」と感心されて嬉しかったです♪

※2015年は、1,300円になっていました。

袋に入らない超過料金分は、お土産用で獲りました。
これだけ大きいのがゴロゴロ獲れたら、そりゃもうハマります!!

トイレ・足洗い場・駐車場

 

トイレは、すぐそばの芝生公園みたいな所にあります。
足洗い場(水道)もズラリと並んで設置されているので便利。

私は、竹島ホテルをチェックアウトした時にホテルで済ませました。
(潮干狩りのチケットも、竹島ホテルのフロントで購入出来ました)

トイレ(WC)と駐車場の位置情報の地図はこちら。
参考:蒲郡市観光協会の竹島周辺WCと駐車場MAP

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


長島スパーランドの割引チケットと
金券ショップその他、格安入手方法!



健康は食べ物から!


口呼吸、3つの簡単な治し方
「あいうべ体操」ってなに?