生活に役立つちょっとした豆知識や話題のネタをお届け

menu

知恵の小袋

簡単ヘルシージャム「冷凍ブルーベリー×電子レンジ×てんさい糖」作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
re015

パソコンの疲れ目に良いと言われるブルーベリーを毎日摂るため、
我が家では毎朝パンにブルーベリージャムを塗って食べています。

そこで今回は、市販の冷凍ブルーベリーを使って手作りジャムに挑戦!
めんどくさがり屋の私でも作れる
「電子レンジの加熱オンリー」簡単レシピです。

白砂糖の代わりに「てんさい糖」を使用してる所がミソ♪
北海道産の野菜由来、体にやさしい甘味料です。

Sponsored Link

材料と量、簡単な測り方で作る私

冷凍ブルーベリー100gで、パンに塗る2~3回の量が作れました。
今回作ったのは、甘さ控えめのブルーベリージャムなので保存には向きませんが、
すぐ食べれる量を作ったので問題なしです。
※一般的な砂糖の量は、100gのブルーベリー果実に対して30~50g

~材料~

  • 市販の冷凍ブルーベリー 100g
  • てんさい糖 カレースプーン2杯(24g)
  • 市販のレモン汁 カレースプーン1/3杯

さて、お気づきとは思いますが、
大さじではなくカレースプーンで表現してみました。

だって日々の生活で、手早くアバウトに作りたいじゃないですか!
なので、我が家のカレースプーン
(100均で購入)でサクッっと測れる様に測量してみました。

re016

我が家のカレースプーンは、成人女性の私の手と比較するとこれくらい。
「軽く山盛りのてんさい糖」を測ると、ひと匙が11g~13gでした。

re009

大雑把なカレースプーン「軽く山盛り」2杯分で、24g。
これを凍ったままのブルーベリーにかけて使います。
※たぶん普通に山盛りにすると、2杯で30gぐらいになりそう。

re010

冷凍ブルーベリーは
200g入りだったので、袋の半分の量を使いました。

電子レンジを使う、作り方の手順

簡潔にまとめると、3ステップ。

 

  1. 凍ったまま砂糖を入れて、電子レンジ600Wで2分加熱
  2. 様子を見ながら、電子レンジ600Wで6分加熱
  3. 固めるためにレモン汁を入れて、電子レンジ600Wで30秒加熱

 

では、写真を使って詳しく見ていきましょう。

器は、電子レンジ対応の耐熱ガラスボールを使います。
※注意※
表面がザラッとした白い陶器を使ったら、紫の色素が取れなくなってビックリ!
表面がツルツルのガラスボールなら大丈夫でした。

re017

↓凍ったまま電子レンジ600Wで2分加熱した状態。
ブルーベリーの濃い果汁が染み出てきました♪
加熱中、1分半ぐらいで下の方がグツグツしてました。

re018

グツグツいってた部分の果実はシナッと柔らかくなってます。
まだ硬めの粒もあるので、
均等になるように、かき混ぜて表面を平らにして再度レンジにIN。

※注意※電子レンジ対応のフタを載せておいたら、吹きこぼれました!
ちょとハネるけど、フタなしで煮詰めていきます。

Sponsored Link

様子を見ながら、電子レンジ600Wで6分加熱。
比較用に3分ごとに撮影しましたが、水分が減ったのが分かります。
粒は潰さずに作りますが、熱ではじけたりします。

re021

最後に汁っぽさを固めるために、レモン汁をカレースプーン1/3投入れます。
よく混ぜて、さらに電子レンジ600Wで30秒加熱すれば完成です♪

54gのブルーベリージャムが作れました。
小振りな器に入れて、軽くフタになる物を載せて放置、冷まします。
すぐ食べ切る予定なので、冷めたらラップをして冷蔵庫に収納。

re020

※長期保存の場合は、砂糖の量を増やしたレシピを使ったり
保存用の器を熱湯消毒して使ってください。

後半は、試食コーナー!
味のレポートなどが続くので、必見です。

試食、翌朝

翌朝、少し汁気が出てきていましたが、パンに塗っても大丈夫な硬さです。
昨日作った半分をパンに塗りました。濃ゆい感じ~♪

re014

re015

甘みは抑えめ、ブルーベリーの味が残っていて美味しく作れました。
てんさい糖自体が少しカルメラみたいな味がするので、
香ばしい落ち着いた味になりました。

砂糖(甘さ)、レモン汁(硬さ&酸っぱさ)のほか、
煮詰め具合(加熱時間)なども、お好みで変えてくださいね。
ヨーグルトに掛けるなら、もう少しジューシーでも良さそうです。

※注意※電子レンジの機種や室温によって条件が変わってきます。

実験オマケ、ミニフライパンで加熱した場合

IH調理器で加熱作成してみました。違いは出るかな?

材料&分量は先程の電子レンジバージョンと同じ。
冷凍ブルーベリーを電子レンジ600Wで2分加熱した後、
テフロン加工のフライパン弱火で煮詰めてみました。
10分ぐらいは掛かったかな。

re007

re008

re011

出来上がり量が、偶然同じグラムになりましたが
見た目や味の出来上がりも、電子レンジバージョンと変わりませんね~。

re012

めんどくさがりの私には、
電子レンジバージョンが気軽で楽で便利でピッタリ♪

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

がんばり過ぎない40代半ばの主婦
体調不良も改善しちゃった♪おすすめ



世界のワイン!
それぞれの特徴が分かる種類と名前一覧



長島スパーランドの割引チケットと
金券ショップその他、格安入手方法!



口呼吸、3つの簡単な治し方
「あいうべ体操」ってなに?