生活に役立つちょっとした豆知識や話題のネタをお届け

menu

知恵の小袋

愛知県豊田市、あじさいと夏レジャー・松平郷(松平東照宮)メダカやカエルに出会った無料スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
aj060-0

夏のレジャーにピッタリな、アウトドア遊び無料スポットを見付けたので紹介します!
最初の目的は「アジサイ風景を求めて」行ったのですが、それ以外にも楽しみいっぱい。

子供はワクワク、大人はリフレッシュ出来ると思います。

豊田の中心地から車で30分と近場なのが嬉しい、
生命力あふれる自然と、懐かしい雰囲気がする山暮らしの田園景色がステキな「松平郷」。
6月の上旬・平日に行ってきました!

※グルメ体験記はページ末にあります。

Sponsored Link

当日天気MEMO(午後から晴れたので、街中でも暑さは控えめ。でも太陽を避けないと暑い)

見どころ1、あじさい・菖蒲・トンボ池

豊田市の都市部は近代的ですが、20~30分ほど車を走らせると大自然を楽しめます。

↓こういう山間の田園風景が私のお気に入り。
画像は松平郷内だけど、大通りじゃない道を選んで山中道路を走ると出会える風景です。
私は街育ちで近所に田んぼもなかったけど、何故か見る度に懐かしい気持ちになるんですよね。

aj065-2

 

では、松平郷の体験記スタート。
アジサイを大々的に宣伝している訳ではないのでテーマパークと比べると小規模ですが、
歴史遺産や山・木・草の空気感を味わいながらアジサイや菖蒲など季節の花を楽しめます。

aj064-1

aj064-20

aj064-3

 

アジサイも黄緑のつぼみが多い時期ですが、菖蒲(花菖蒲?)もまだこれからですね。
きれいに整然と植えられていて、まだ一部だけ咲いていました。水風景が清涼感!

↓そして、最大のオススメ地点はここ!
生き物がたくさんいてワクワクしちゃう、トンボ池です。(アジサイも咲いています)

aj064-15

 

足を踏み入れて風景を見た瞬間に、テンションがグッとあがる素敵な風景でした。
ミニ湿地帯にある浅い池には、大軍のおたまじゃくしとメダカが泳ぎ、上空にはトンボが飛来。

↓トノサマガエルくんも気持ち良さそう。

aj064-26

 

ミニサイズの池ですが、しゃがみ込んで覗いていると小さな世界に浸れます。
↓画像は奥方向から撮った風景。場所は、菖蒲園・高月院の奥なので見落とされがち?

aj064-22

見どころ2、松平東照宮・高月院

次に紹介する風景は大人向けです。
↓駐車場辺りから続く木板の道も素敵と思いながら歩くと、すぐに松平東照宮に着きます。

aj060-3

aj061-2

 

明るい緑が素敵なお堀風景!
調べてみると、関ケ原の合戦の後に松平郷松平家九代(1571~1654年)が水堀や石垣を築いたそうな。

↓お堀には錦鯉がいっぱい。社務所で鯉のえさが100円で売っておりました。

aj060-7

 

↓石造りの鳥居と松平東照宮。
奥には、竹千代(徳川家康)が誕生した時に届けられたと言われる産湯の井戸があります。

aj061-3

 

↓松平東照宮から整地された道路を歩いていくと、菖蒲園の先に高月院が現れます。
少し距離があるので、自動車で走って高月院の駐車場に停めている方も見掛けました。

aj064-7

 

石段を上り山門をくぐると、渋いお寺の鐘。
この場所を離れてしばらくすると、ゴイ~ンと上品な鐘の音が聞こえてきました。

aj064-11

aj064-13

見どころ3、山道をウォーキング

↓主要観光ポイントは、この様な平坦な整備道を通って鑑賞することが出来ます。

aj065-1

 

しかし、ちょっとしたトレッキングコースも体験出来ますよ!
ええ、私は最初あんなに長い山道を登るコースとは知らずに立ち入ってしまったんですが…
スニーカーを履いていて良かった。

↓私が迷い込んだアウトドアウォーキングのスタート地点はこの辺り。
初代松平親氏の銅像がある辺りです。銅像まで続く、松平八代を象徴する石柱が遺跡みたい。

aj062-2

 

ここから元の道に戻って茶屋に行きたかったのですが、連れの選択で石段方向に…

aj063-1

 

石段を上ると、その先はちょっとした山道。散策道として展望テラスに続く道です。
木の根が走る足元に注意しながら歩きます。

aj063-3

 

上る右手は斜面。怖がりの私は歩く姿勢に力が入り過ぎて肉体疲労。
なかなか辿りつかないゴール(展望テラス)の途中に休憩ポイントも無く、息切れ。

aj063-4

 

ついに視界が開けてきたと思ったら、車も通れる道路に突き当りました。
その道路で茶色のウサギさんを目撃!
↓遠かったので写真拡大するとボヤケちゃってますが、きっと山に住んでるウサギさんです。

aj063-5-2

 

可愛い住人との出会いでテンションがアップした私は、その勢いで展望テラスへGO。
突き当たった道路の上へと伸びる道を上ると、やっとこさ到着。きれいな建造物でした。

aj063-6

aj063-7

 

↓展望テラスの上から見たパノラマ風景。
ちょっとガスっていて遠くが霞んでいますが、海(三河湾・伊勢湾)が見えるらしい。

aj063-9

 

眺望は爽やかでしたが、展望テラスには座る場所がなかったので肉体的にはガックリ。
帰り道もあの長い山道ですから…。
(道路から戻る道は距離がありそうなので、来た道を戻ることにしました)

ちなみに、↓全体図はこの様になっていて、私が歩いた山道は右端に伸びる道。
MAPの中心に通っている川の左側が舗装道路。

aj060-13

 

帰りは下り、重なる落ち葉のスベリに足を取られない様に気を付けながら肉体疲労。
里はまだか~と嘆いていたら途中に抜け道?「氷池跡」の標識がある小道に進んでみました。

↓行く手を木戸に阻まれた時は意気消沈しましたが、鍵が掛って無いので出られました♪

aj063-10

 

ジャングル探検隊の気分で慎重に降りて行くと…

aj063-11

 

やった!戻れました!
↓主要観光ポイントが並ぶ舗装道路に向かって架かる橋。あ、アジサイ咲いてる!

aj063-15

aj063-13

 

アジサイ穴場ポイントかも。
↓ホタルが舞いそうな小川に咲くみずみずしいアジサイ風景に、一気に癒されました~。

aj063-12

お楽しみ、グルメ

運動不足の私にはハードだった山歩きの直後、やっと待望の茶屋で休憩タイム♪

通常の舗装道路コースで言うと、高月院に行く途中にあります。
↓入口の門が特徴的な、天下茶屋。

aj065-6

aj065-8

 

おしゃれ感が漂うお店です。
入口の扉に書かれたお店のお知らせには「ホタル観察会(参加無料)」の文字あり。
やっぱホタル見れるんですね!

※ホタル観察会は、6/6(土)・6/13(土)夜7:30~夜9:00頃まで

↓店前のメニュー一覧。
画像右上に映っている徳川家康イラストが食べてるお餅と冷たいパフェに即決定。

aj065-20

 

外で食べるスペースも見えましたが、火照った体を冷ますために涼しい店内へ。

連れが選んだのはドリンク付きの↓天下もちセット、税込600円。
抹茶も美味しそうだけど、冷たいコーヒーを選びました。

aj065-17

 

↓このお餅、柔らかくて美味。
思ったより大きくて大満足。大人女性が持つと↓こんな感じ。

aj065-18

 

皿に添えられた塩気のあるゴボウを合間に食べて、甘×辛を楽しみました。

私がいただいた↓和風パフェ、税込650円。
ソフトクリームとフローズン苺が暑い日にぴったり。抹茶味のわらび餅?も美味。

aj065-16

 

千円以内で食べられる食事、定食もあります。麺類や丼の単品なら550円~。
今度来た時は、お蕎麦や麦飯とろろを食べてみたいな。

営業時間は、10:00~16:00(水曜定休、祝日年始は営業)

アクセスMEMO

マイカーで行きましたが便利な立地だと思いました。
車では、豊田スタジアムのある国道301号線から外れない様に東へ走り、
最後に走行車線上の看板を目印に曲がって間もなく。

電車の場合を調べると、名鉄「豊田市」駅の東2番乗り場からバスに乗り継ぎ。
おいでんバス「大沼」行きに乗って約40分、松平郷バス停で降りて~徒歩約5分。

地図

 

松平郷近辺には、葵の御紋が描かれた旗が立っておりました。
↓この画像は第二駐車場だったかな?も少し先に、第一駐車場があります。

aj060-1

 

↓松平東照宮すぐの、第一駐車場。
きれいで新しそうなトイレがあり、地図やパンフレットが手に入ります。

aj060-2

 

ちょっとリフレッシュしたい時に良い距離、松平郷のレジャー記でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


長島スパーランドの割引チケットと
金券ショップその他、格安入手方法!



健康は食べ物から!


口呼吸、3つの簡単な治し方
「あいうべ体操」ってなに?