生活に役立つちょっとした豆知識や話題のネタをお届け

menu

知恵の小袋

隅田川花火大会2015の穴場スポット公園&ビアガーデン、口コミまとめ|東京

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花火大会の穴場

毎年7月の最終土曜日に東京都墨田区で開催される、隅田川花火大会。

テレビ中継も行うほど規模の大きい花火大会の一つですが、今回はデートで使える穴場の公園や
人気のビアガーデンなどの口コミをまとめてみましたのでご紹介したいと思います。

Sponsored Link


花火大会概要

第38回 隅田川花火大会

開催日時:2015年7月25日(土)
19:05~20:30
小雨決行(荒天時は翌日26日に延期、両日とも実施できないときは中止)

開催場所:東京都墨田区、隅田川

打ち上げ場所:2会場あります。

隅田川花火大会

第一会場

桜橋下流 ~ 言問橋上流(約9,350発、花火コンクール200発を含む)

第二会場

駒形橋下流 ~ 厩橋上流(約10,650発)

打ち上げ本数 約20,000発(2会場合計)
最大花火サイズ 5号玉
観客数 2会場合わせて、推定95万人
屋台数不明

屋台情報

2011年コメントより「第一会場周辺の、隅田公園内には、多くの露店が出ています。」
「日曜日に浅草寺に露店が出てるので、そちらをおすすめします。」

2014年コメントより
「第二会場周辺は、いわゆる露店は少ないものの、コンビニが多いため、買い物やトイレにも便利です。
ちなみに、厩橋交差点ちかくにある、セブンイレブンは、コンビニなのに毎年大声を張り上げて、店頭売りをしていて面白いですよ。」

(出典:ヤフー知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/)

アクセス・渋滞情報

交通機関の場合

第一会場へは、
・東京メトロ銀座線「浅草」駅~徒歩10分
・東武スカイツリーライン「浅草」駅~徒歩10分

第二会場へは、
・都営地下鉄大江戸線・浅草線「蔵前」駅~徒歩5分
・東京メトロ銀座線「浅草」駅~徒歩8分
・JR総武線「浅草橋」駅~徒歩12分

交通情報

交通規制情報MAPはこちら

後半は、ビュースポット・穴場スポットについて!

Sponsored Link

穴場スポット~公園~

隅田川花火大会は大きな大会ですから、本当に人・人・人で大賑わい。
場所によっては落ち着いて花火を鑑賞できないところがほとんどかと思いますが、
まだまだ穴場と呼ばれる地元の方がコッソリ訪れるポイントがあるようです。

今回は、何箇所かピックアップしてみました!

銅像堀公園の周辺

墨田区向島5-9-1のあたり

打ち上げポイントからは離れていますが、人もまばらでゆっくりと観ることが出来ると思います。
公園は入ることが出来ませんので、高架下から眺めるような感じになります。

詳しい地図を表示します

↓参考動画、銅像堀公園近く

隅田川花火大会 2010 銅像堀公園近く

隅田公園(絶好の撮影スポット)

美しい打ち上げ花火を写真に収めたいという方におすすめの場所。
穴場ではありませんが、隅田公園は障害物が無いことから絶好の撮影スポットで知られています。

詳しい地図を表示します

↓iphoneで撮影された方の動画がアップされていたのでご紹介

第35回隅田川花火大会ラストクライマックス

汐入公園

以前に比べて、ネット拡散により混雑度合いも増してきたようです^^;

更に第1会場の花火しか観ることが出来ないので、物足りないかもしれませんね。
迫力には欠けますが、遠くからのんびりと花火を観たいという方にはいいかもしれません。

詳しい地図を表示します

東白鬚公園

季節ごとにイベントも開催されており、七夕やクリスマスイルミネーションなども人気のスポット。
見えるのは第1会場の花火。ビルなどの障害物はあるようです。

隅田川花火大会も見物会場として解放。
利用者にはゴザの貸出も行っており、仲間とのんびり花火見物を楽しむことが出来ます。

詳しい地図を表示します

スーパーの屋上も穴場?

地元の人はスーパーの屋上で花火見物?

隅田川花火大会の会場付近で場所を確保したい所ですが、
あえて混雑を避けるなら解放されたスーパーの駐車場も利用しても良いかもしれません。

コモディイイダ東向島店

墨田区東向島1-28-10

詳しい地図を表示します

オリンピック墨田文花店

墨田区文花1-31-9

詳しい地図を表示します

毎年花火を見物されている方のアドバイス

私たちは隅田区側 (言問団子近い川沿い)で見物します。
なぜなら、毎年夜19時頃の風向きが墨田区→台東区に吹くことで、花火のカスが台東区側に降るからです。
(引用元:ヤフー知恵袋)

行った人しか分からない貴重なご意見ですが、風向きが毎年同じというのも凄いですね。

風が強い時は思わぬ所まで飛んでくることもありますので、
”燃えカス”は少しだけ気にかけておいたほうが良いかもしれません。

もっとロマンチックに♪

台東区側 (白髭橋付近) からなら、花火越しにスカイツリーを覗けます。

スカイツリーと共に観る花火も素敵ですね。
↓こちらは汐入公園から観た隅田川花火大会の様子

遠くに見える 汐入公園からの隅田川花火大会

花火と夜景を楽しみたい方は、少し離れたところから観てはいかがでしょう?

ビアガーデンはやっぱり人気?

納涼ハレテラス

浅草駅直結、文句なしの立地でビアガーデンを楽しむことが出来る場所です。
ここのビアガーデンは何と言ってもスカイツリーを眺めながらの一杯。

4月~9月まで開催しており、隅田川花火大会の時は激戦地となりそうです。

展望ラウンジ アサヒスカイルーム

http://www.asahibeer.co.jp/area/search/shop.psp.html?CODE=90218704

アサヒビールタワーの22階にある、アサヒスカイルームは見晴らしが最高!
イタリアンレストランも入っています。

まだまだある穴場スポット

「落ち着いて座って見れる場所」という知恵袋の質問に、こんな回答がありましたのでご紹介します。

多くの皆さんは、「初めて隅田川花火に行く」ため、
第一会場(浅草周辺)に行きがちです。
必然的に隅田公園や吾妻橋周辺に行かれるのですが、これが失敗のもとです。

座って見る為には、遅くとも当日12時までに公園で場所取りをしなければいけません。
しかも人だらけで、買い物もトイレもままなりません。
遅い時間に行って、橋で見ようとすると、警察の規制でずっと歩かされる羽目になります。
さらに会場から、最寄り駅まで遠いという難点もあります。

第二会場(蔵前周辺)であれば、
夕方18時頃に行っても、さほど混まずに、シートを敷いて見ることができます。

18時くらいに周辺道路が交通規制になり、
そこから江戸通り・春日通りが歩行者天国になるため、
そこで座って見ることができます。
ビルの陰で見えない場所も多々ありますが、少し移動すれば見られるようになります。

最寄駅は、都営地下鉄大江戸線・浅草線「蔵前」です。

(出典:ヤフー知恵袋ベストアンサーより一部抜粋)

自分に合ったポイントで、お怪我のないように花火をお楽しみください!
以上、隅田川花火大会の情報でした。

yk001-0

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

がんばり過ぎない40代半ばの主婦
体調不良も改善しちゃった♪おすすめ



世界のワイン!
それぞれの特徴が分かる種類と名前一覧



長島スパーランドの割引チケットと
金券ショップその他、格安入手方法!



口呼吸、3つの簡単な治し方
「あいうべ体操」ってなに?